読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

形あるものを僕は信じる

 

 

 

ビビッと「これは!!」と思った曲があったので、その曲の話。

 

昨年の10月終わり頃、ガチガチに緊張した面接の帰りに"ご褒美"と自分を甘やかして買った斉藤和義さんのアルバム「歌うたい15 SINGLES BEST 1993-2007」。開けず聴かず取り込まずだったものを先日やっと取り込んで、久しぶりに会う友人との待ち合わせ場所に向かう電車の中でそのアルバムを聴いていたとき、ビビッときた曲がありました。

 

携帯を取り出して曲名を見てみると、画面はコレ

 

f:id:poire7soleil:20170311220804p:image

 

間違いなくないですか???好きな人の顔は元々全然タイプではなかったとしても、カッコよく見えてくる不思議(わたしだけ??)。顔が好き、スタートだと言うまでもなく間違いないじゃないですか。(わたしは「顔」というよりは、「君の顔(表情)が好きだ」という方が感覚的には近いのだけど)

兎にも角にも、この曲はJr.担になってからわたしが思っていたことや、信じたいもの、考えと気持ちの矛盾、その他もろもろがギュッとつまった曲だなあと思いました。

 

この下に歌詞を貼るのでお時間があれば読んでいただきたい!です!

もっと言うと聴いていただきたい!メロディーも軽快で、どこかセクシーで、すごく好きなんですよねえ。

 

 

僕が僕である事を 人に説明する事の無意味さを
君の表情はいつでも教えてくれる
言葉はいつも遠回り空回り
風に乗って消えちまう 形ある物を僕は信じる

安定 計算 それも確かに
大切な事かもしれない
DOWNな夜はそんな事ふと思う
不思議なもんさ
そんな日は君の胸が僕を子供に戻す
その瞬間を僕は信じる

※君の顔が好きだ 君の髪が好きだ
性格なんてものは僕の頭で
勝手に作りあげりゃいい
君の肩が好きだ 君の指が好きだ
形あるものを僕は信じる※

 

むずかしい事はよくわからない
でも君がいないとさみしい
まぶたを閉じても君だけは映る
君が君であるために
僕はいったい何をしてやれるだろう
僕を深く悩ませる君のために…

△君の顔が好きだ 君の髪が好きだ
朝も昼も夜も切なさに酔って
胸痛めてる自分もいい
君の声が好きだ 君の顔が好きだ
この瞬間が続く事を祈る△

(※くり返し)
(△くり返し)

 

斉藤和義 君の顔が好きだ YouTube - YouTube

 

色々な噂や憶測が飛び交うし、人の気持ちなんてものは時間が経てば変わってしまうし、不安定だし、だけどキラキラ輝いてギラギラ前を見る彼を見れば気持ちがフッと軽くなったり。

ムズカシそうな大人の事情なんて考えたところでわかんないしわかりたくもないけど、彼がいないと寂しいし、彼がもっともっと上にいくために、前に出ていくために、自分に出来ることは何かって馬鹿みたいに考えちゃったりなんかして。

ああ好きだ、もっと魅せて、と思うと同時に、その存在の大きさと儚さに切なくなって胸を痛めちゃったりなんかして、まあそれも悪くないかなって思ってる自分もいる。

だけど叶うなら!好きだ、好きだ、って思いながらあなたを見つめ続けたい!このキュンとする瞬間がずっと続いて、だけど状況や立ち位置はもっと上にもっと前に変わっていってほしい。もっとたくさんの人に知ってもらいたい!

そして、いまわたしに見えている形あるものを信じたい!雑誌やテレビやラジオやコンサートで見た彼が、わたしが知ってる彼だから。それ以外は知らない!

 

ステージでキラキラギラギラ輝く君が好き! 

これからもたくさんの人を魅了して、いつかきっと夢を掴んでほしい!

もっともっと輝けると思うんだー!

 

 

 

だらだらしょうもないこと書いてしまったのに読んでくださった方、ありがとうございます。 まだまだたくさん思ってることはあるけど、今回はここでやめておきます。ってことで!おーわりっ!